学術論文

基本情報

氏名 岡本 恵子
氏名(カナ) オカモト ケイコ
氏名(英語) Okamoto Keiko

著書,学術論文等の名称

現代に生きる中・高校生のための日本漢詩・日本漢文の教材化 (2)

単著・共著の別

共著

発行又は発表の年月

2007/03

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

『広島大学学部・附属共同研究紀要』

巻・号

第35号

掲載ページ

433~442

概要

・本論文は、日本漢詩が真に結実したのを江戸時代と捉え、そこに見られる日本意識の考察と授業実践及び考察からなる。萩生徂徠『訳文荃蹄』題言の分析から中国古典を日本人が学習する際のポイントを指摘、さらに広瀬旭荘の詩から漢字・漢語が江戸詩人の文学的営為に及ぼした影響を考察した。その上で、現行教科書所収の菅茶山「冬夜読書」、正岡子規「送夏目漱石之伊予」をそれぞれ異なる観点で授業実践し、分析、考察した。
共著者名:岡本惠子、富永一登、朝倉孝之、佐藤利行