学術論文

基本情報

氏名 松田 亮
氏名(カナ) マツダ リョウ
氏名(英語) Matsuda Ryo

著書,学術論文等の名称

異条件下における伸張反射プログラムが陸上競技選手の走運動パフォーマンス向上に及ぼす有用性-9週間のトレーニング実施がピッチ・ストライドに与える効果についての比較検証―

単著・共著の別

共著

発行又は発表の年月

2016/03

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学研究論集

巻・号

第38号第4号

掲載ページ

153~165

概要

本研究は筋の伸張反射を促し、反動動作によるバネの作用を有効に生かした身体の使い方を覚えるトレーニングとしてPTを使用し、異なるトレーニング条件としての平地、上り坂、下り坂で反動動作を伴うPTが、疾走能力に及ぼす影響を比較検討することを目的とした。被験者は陸上競技部男子学生17名、トレーニング条件として、平地・上り坂、下り坂の3つのPT条件群とCon群に均一に配分し、週3回の頻度で9週間行い、通常のトレーニングのみを実施するCon群と比較した。その結果、ストライドの獲得を狙う場合は、ピッチも効果的に高め、疾走記録も有意に短縮させることが可能なことからも下り坂でのPTが有効であることが明らかとなった。
松田亮,田村孝洋