学術論文

基本情報

氏名 餅川 正雄
氏名(カナ) モチカワ マサオ
氏名(英語) Mochikawa Masao

著書,学術論文等の名称

日本の養子縁組制度と法定相続に関する基礎的研究

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2018/12

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学研究論集

巻・号

第41巻第3号

掲載ページ

53~75

概要

本研究は、日本の養子縁組制度と法定相続の関係を考察することを目的としたものである。内容は、第一に養子縁組制度の存在理由を明らかにした。第二に、普通養子制度と特別養子制度の目的とメリット・デメリットを整理した。第三に、代表的な養子縁組の例を4つ設定して検討を加えた。
 第一の設例は「孫養子」であり、相続分の重複が認められることが分かった。第二の設例は、兄弟間の養子縁組で、この場合は、子(養子)としての相続権を主張できるだけであることが分かった。第三の設例として、実子と特別養子が婚姻して子が生まれたケースで、養親よりも先に特別養子が死亡したときにどうなるのかを検討した。実子が二分の一、子が二分の一になることが分かった。第二に実子と普通養子が婚姻して、養子の実親と養親が存命中に養子が死亡した場合について検討した。この場合は、配偶者である実子が三分の二(=六分の四)、養親が六分の一、実親が六分の一になることが分かった。