学術論文

基本情報

氏名 餅川 正雄
氏名(カナ) モチカワ マサオ
氏名(英語) Mochikawa Masao

著書,学術論文等の名称

高等学校「簿記」における商品売買の指導に関する研究(Ⅳ)

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2012/09

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学研究論集

巻・号

第35巻第2号

掲載ページ

33~51

概要

本研究(Ⅳ)は、商品五勘定法から商品十勘定法までの指導内容と指導方法を論究したものである。特に売上割戻の見越し計上と仕入割戻の繰延処理について論及し、高等学校において割戻し(リベート)を指導していないことを問題提起している。また、分課制度と帳簿組織の関連について指導する教師が十分に理解しておく必要があることを明らかにした。高等学校の「簿記」における商品売買取引の指導については、結論として「一勘定法(狭義の総記法)」によって導入すべきことを提案している。そして、二勘定法、三勘定法、四勘定法というように段階的に勘定科目を増やす指導をしていくと効果的であることを明らかにした。また、指導する側の理解としては、十勘定法までを研究しておく必要があることも論及している。