学術論文

基本情報

氏名 餅川 正雄
氏名(カナ) モチカワ マサオ
氏名(英語) Mochikawa Masao

著書,学術論文等の名称

学校のいじめ問題に関する研究〈Ⅲ)

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2011/06

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学研究論集

巻・号

第34巻第1号

掲載ページ

51~70

概要

本研究(Ⅲ)では、いじめ加害者の心理を先行研究と筆者の経験を元に7つの類型に分類し、それぞれの特徴を明らかにした。いじめ加害者が被害者になるのは、いじめをはやしたてる観衆が被害者になるということを指摘した。また、いじめ加害者になる子どもは、嫉妬心と欲求不満が強いだけでなく、自己愛性行為障害と境界性行為障害の二つの傾向をもっていることを示した。この二つの傾向は、母親が愛情を注ぎすぎたり、愛情が不足した場合に起きることから、家庭での養育態度が子どもの性格形成に大きな影響を与えていることが分かった。