学術論文

基本情報

氏名 広田 堅志
氏名(カナ) ヒロタ ケンジ
氏名(英語) Hirota kenji

著書,学術論文等の名称

中国の世界経済に対する歴史認識段階論(Ⅰ)―為替管理をめぐる

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2002/11

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学安芸論叢

巻・号

第11号

掲載ページ

71~98

概要

中国の改革・開放政策の実行と前後にして、中国の国際社会の中での影響力と地位は大きく変わった。1978年からは、それまでと全く異なった国民経済建設の基本方針の一大転換と見るべき改革・開放政策の実施は次の二つの側面と関連するとみるべきであろう。一つは中国を取り巻く世界政治・経済に対する歴史的認識に関連しよう。この認識を改めれば、自己の対外政治・経済関係の基軸もそれに応じて変えなければならないからである。今一つはこのような基本認識の基軸に合わせて、国内経済の運営の方針、すなわち国民経済体制なり、システムなりも変革していくという課題が要求される。 本稿では、中国の世界政治・経済に対する歴史認識段階論的観点から、まず中国が自己を取り巻く世界政治・経済に対する認識をどのように転換してきたかを整理し、次に中国が自国国民経済の戦略的構築理論の中に対外経済関係をどのように位置づけてきたか、とりわけ外国為替管理の側面を中心に探って見てきた。この視点から、本稿は第一認識段階期における世界政治・経済情勢に対する認識とそれに合わせた対外経済関係の方針を確認し、その中における為替管理のあり方を追跡した。