学術論文

基本情報

氏名 広田 堅志
氏名(カナ) ヒロタ ケンジ
氏名(英語) Hirota kenji

著書,学術論文等の名称

WTO加盟後における中国の貿易の発展と新たな貿易政策への転換

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2008/03

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学経済研究論集

巻・号

第30巻第3・4号

掲載ページ

247~273

概要

改革・開放後、中国は貿易と外資直接投資導入による経済発展戦略へ転じた。以来、貿易と外資直接投資導入を二つの支柱とする経済発展戦略はいくつかの段階を経ながらも今日まで継続してきている。今日貿易と投資が一体化した形で進行してきている現段階の経済のグローバリゼーションの中、中国はWTO加盟によって、経済のグローバリゼーションの全体的枠組を本格的に受け入れた。その後、中国は貿易と外資直接投資導入の両面における新たな戦略政策の策定作業に取りかかっている。 本稿は、外資系企業の貿易への参入という視点から、WTO加盟後中国の貿易発展の概況を確認した上、貿易統計等の資料を用いて、WTO加盟直後から今日までにおける中国の貿易形態上の構造的特質や貿易の産業構造的特質について分析を試みた。最後に、これまでの貿易発展の現状を踏まえた上で、新たな貿易政策への転換を展望した。