その他(学会発表)

基本情報

氏名 宮岡 弥生
氏名(カナ) ミヤオカ ヤヨイ
氏名(英語) Miyaoka Yayoi

著書,学術論文等の名称

The subsequent incremental syntactic anticipation (SISA) model for explaining the processing of canonical and scrambled Japanese active sentences.

単著・共著の別

共同

発行又は発表の年月

2006/07

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

The Fifth International Workshop on Evolutionary Cognitive Sciences 'Human Sentence Processing and Production', Komaba Campus, University of Tokyo

巻・号

 

掲載ページ

 

概要

本研究では、格助詞を持つ名詞句があることによって、能動文の正順語順に基づいて、限られた候補の中から次に来る要素が予測できるという「Subsequent Incremental Syntactic Anticipation (連続的・階層的な統語的予測) (SISA) model」を提案した。処理スピードの遅延は、この予測が外れたときに生じる「gap-filling dependencies」の「recovery」に要する時間によるものであると考えられる。このことを、(1) Shorter distance scrambling 対longer distance scrambling、(2) verb phrase internal scrambling 対verb phrase external scrambling、(3) accusative scrambling 対dative scrambling、(4) single scrambling 対double scrambling の刺激文を用いた4つの実験をもとに証明した。Tamaoka, K., Muraoka, S., Miyaoka, Y., & Sakai, H.