その他(学会発表)

基本情報

氏名 宮岡 弥生
氏名(カナ) ミヤオカ ヤヨイ
氏名(英語) Miyaoka Yayoi

著書,学術論文等の名称

正文性判断における統語・意味逸脱の影響に関する眼球運動の分析

単著・共著の別

共同

発行又は発表の年月

2007/09

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

2007年度日本心理学会第71回大会(東洋大学白山キャンパス)

巻・号

 

掲載ページ

 

概要

本研究では、日本語の統語逸脱文、意味逸脱文、統語と意味の二重逸脱文を読むときの眼球運動を測定することによって、日本語の文処理のプロセスを明らかにすることを試みた。合計停留時間は、読み直しの多さ、すなわち正文性判断のための検証プロセスの負荷を反映すると考えられる。特に本研究では、目的語と副詞において合計停留時間に有意な違いがみられた。目的語では、統語逸脱文の合計停留時間が意味および二重逸脱文よりも長かった。意味と二重逸脱文の読み時間に違いがないにもかかわらず、目的語および副詞において二重逸脱文の眼球停留時間で異なったパターンがみられたことは、統語的な文解析ばかりでなく、目的語・副詞のコロケーションから生じる意味・統語的な曖昧性も加って文処理が行われたと考えられる。浅野倫子・玉岡賀津雄・宮岡弥生・横澤一彦