その他(学会発表)

基本情報

氏名 宮岡 弥生
氏名(カナ) ミヤオカ ヤヨイ
氏名(英語) Miyaoka Yayoi

著書,学術論文等の名称

日本語と韓国語の文処理におけるスクランブル効果

単著・共著の別

共同

発行又は発表の年月

2005/04

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

韓国日本文化学会・2005年度春季国際学術大会(大田大学校, 大田,韓国)

巻・号

 

掲載ページ

 

概要

本研究は、日本語と韓国語の両言語について、二項動詞と三項動詞の能動文を用いた正誤判断課題の実験を行った。2言語で四つの実験を行った結果、すべての条件でスクランブル効果が観察された。このことは、日本語と韓国語の両言語に階層構造があり、さらに正順の語順が存在することを示している。具体的には、二項動詞能動文では[s NP-ga [vp NP-o V]]が、三項動詞能動文では[s NP-ga [vp NP-ni [vp NP-o V]]]が階層性をもつ基底構造となっているとするのが極めて有力であることが明らかになった。玉岡賀津雄・林炫情・宮岡弥生