学術論文

基本情報

氏名 丹羽 啓一
氏名(カナ) ニワ ケイイチ
氏名(英語) Niwa Keiichi

著書,学術論文等の名称

2レベル0-1計画問題に対する遺伝的アルゴリズムを用いたStackelberg解の改良型計算手法

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2007/10

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学創立四十周年記念論文集

巻・号

 

掲載ページ

771~793

概要

本論文では,2レベル0-1計画問題に焦点をあて,著者らによって提案されたStackelberg解の計算手法の問題点を改善することで改良型の計算手法を提案する.具体的には,近似Stackelberg解の精度を高めるために個体群の多様性を保つ効果のあるシェアリングを導入し,さらに個体群の収束状況に応じてアルゴリズムを終了するための条件を追加する.また,上位レベルのDMの決定を扱うGAの個体群内に重複して発生するxに対して繰り返し下位レベルのDMの最適反応y(x)をGAによって求めるのではなく,過去に上位レベルのDMの決定として扱ったxとその最適反応y(x)を一定数記憶させておき,後の世代において同一のxが現れたときには,記憶させておいた y(x) の情報を取り出すことで,下位レベルの最適反応を計算するために適用しているGAの回数を減少させるようなアルゴリズムを提案する.提案する手法の有効性を検証するために数値実験を行い,解の精度と計算時間の両面において従来の計算手法と比較,検討する.