学術論文

基本情報

氏名 新垣 繁秀
氏名(カナ) アラカキ シゲヒデ
氏名(英語) Arakaki Shigehide

著書,学術論文等の名称

『社会と共生ー国際経済社会における共存共生システムに関する総合考察ー』 「GATT原則と繰り返しゲーム」

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

2000/06

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学 地域経済研究所 広島経済大学双書(査読なし)

巻・号

第18冊

掲載ページ

49-67

概要

本稿では、国際調整の場としてGATT交渉をケーススタディーとして取りあげ、国際交渉について分析している。特に、本稿ではGATT交渉の存在意義と、交渉の場で時には弱々しくであったが、しかしながら、そこに絶えず生き続けていた交渉の原則I(多角的、互恵性、自由、透明性)、ルールそして慣例の果たした役割(意義)と、その限界について、繰り返しゲームの枠組みの中でとらえなおしていくことを試みた。