学術論文

基本情報

氏名 長谷川 泰志
氏名(カナ) ハセガワ ヤスシ
氏名(英語) Hasegawa Yasushi

著書,学術論文等の名称

甫庵『太閤記』諸版の成立―正保三年版補入考―

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

1991/01

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

東京大学国語国文学会編

巻・号

「国語と国文学」第68巻第1号

掲載ページ

42~55

概要

修士論文の発展研究。まず、従来区別なく初版と考えられていた一群の『太閤記』無刊記版が、実際には少なくとも三度の改訂を経てきている事実を報告し、作者甫庵の改訂意図を考える。次に甫庵没後6年の正保3(1646)年版に至って、何者かによる大幅な補入がなされたことを指摘し、その補入におけるはっきりとした二つの傾向について論じる。更に、正保3年版が特定の個人と家の立場に立った改訂であり、以後の太閤記諸版全てにその補入部が取り込まれていった経緯を論じて、同版を太閤記受容の嚆矢として位置付けた。