学術論文

基本情報

氏名 濱 愼一
氏名(カナ) ハマ シンイチ
氏名(英語) Hama Shinichi

著書,学術論文等の名称

Pion-Nucleus Scattering at Medium Energies Densities from Chiral Effective Field Theories

単著・共著の別

共著

発行又は発表の年月

1998/05

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

Phys. Lett. B 427

巻・号

 

掲載ページ

231~234

概要

B.C.Clark,  R.J.Furnstahl, L.Kurth Kerr, John Rusnak, and S.Hama最近開発されたカイラル有効場の理論モデルは有限サイズ原子核のバルクな特性をうまく記述するが,他のオブザーバブルではテストされていない。790MeV/cπ± の 208Pbへの弾性散乱オブザーバブルを相対論的なインパルス近似KDP形式で計算した。データは良く再現された。他の有効場の理論モデルと比較すると、中性子のRMS半径の差に違いが見られる程度である。(広島経済大にて)