学術論文

基本情報

氏名 柳川 和優
氏名(カナ) ヤナガワ カズマサ
氏名(英語) Yanagawa Kazumasa

著書,学術論文等の名称

Functional diffusive/convective interaction determining maximal oxygen uptake in humans: Its modeling perspective(査読付)

単著・共著の別

共著

発行又は発表の年月

1995/12

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

Applied Human Sciences

巻・号

Vol.14 (6)

掲載ページ

259~270

概要

VO2maxの規定要因について、呼吸・循環生理側の視点に立って解説を試みた。VO2maxの規定要因に関する議論で重要な点は、VO2maxの可塑性をそれぞれ説明できるものでなければならない。すなわちPIO2の増減、血液の輸血・抜き取り、交感神経ブロックといった主に機能的変化が中心の急性影響や、身体トレーニング、高地居住といった機能・構造的変化を含む慢性影響によるVO2maxの変化のそれぞれに対して、何が規定要因なのかを説明する必要がある。Y.Fukuba, A.Miura, A.Kan, K.Yanagawa, H.Sato