学術論文

基本情報

氏名 末広 菜穂子
氏名(カナ) スエヒロ ナホコ
氏名(英語) Suehiro Nahoko

著書,学術論文等の名称

アンシァン・レジーム期の貧民救済-Aix-en-Provenceの慈善施設-

単著・共著の別

単著

発行又は発表の年月

1986/06

発行予定

 

発行所,発表雑誌等又は発表学会等の名称

広島経済大学経済研究論集

巻・号

第9巻第2号

掲載ページ

87~111

概要

南フランスのエクサン・プロヴァンスの町にアンシャン・レジーム期において存在した種々の慈善施設(病院、救貧院、孤児院等)についてその創設から解体までの経緯をたどり、特にその財政運営方法に注目して当時の私的福祉のあり方について考察した。17世紀から18世紀にかけて、公的福祉の欠落を補うため、主として私的な個人の寄付によって設立された慈善施設は、“貧民の閉じこめ”の流れの中で数を増し発展した。しかし、18世紀後半の非キリスト教化の進行により、個人の寄付に頼る施設は資金収集に行き詰まり、結果的には、財政破碇に陥らざるをえず、最終的には革命と共に崩壊していく。(25頁)