-

Basic information

Name Toyoki MATSUE

-

Fixed-term contracts as a source of labour demand fluctuations(査読付)

-

-

-

2017-07

-

 

-

Applied Economics Letters

-

25(9)

-

611–614

-

有期雇用契約を明示的に考慮した動学的労働需要モデルを構築し,生産性ショックに対する新規雇用量と総雇用量の変動について分析を行った.ヨーロッパ諸国において行われた労働市場の改革後,雇用変動が大きくなったことが実証研究によって示され,この改革における重要な制度変更は,有期雇用契約の導入であると指摘される.本論文ではその契約の導入は,雇用変動を大きくするだけでなくそれ自体が循環的変動の源泉となりうることを示した.