-

Basic information

Name Takashi SAKAMIZU

-

室町時代の仮名点資料とヲコト点資料における漢字音の相違―清原宣賢加点『標題徐状元補註蒙求』を資料として―

-

-

-

2015-05

-

 

-

訓点語学会第112回研究発表会(於:京都大学文学部)

-

 

-

 

-

清原宣賢加点『蒙求』には、注釈部分で仮名点使用のもの(以下『蒙求』A)と、ヲコト点使用のもの(以下『蒙求』B)の2本がある。本発表では両写本対応箇所の字音点の相違を分析考察し、『蒙求』Aよりも『蒙求』Bに、より規範的な字音点加点があることを指摘した。宣賢加点本では伝承性を重視する資料にヲコト点が見られる。これより、ヲコト点資料には伝承性の重視により、規範的な字音点加点がなされると結論づけた。