-

Basic information

Name Okada Hitoshi

-

企業の倫理的不祥事と再生マネジメント

-

-

-

2008-11

-

 

-

『社会関連会計研究』、社会関連会計学会

-

第20号

-

31~42

-

倫理的不祥事を起した企業が再生に成功するにはどのようなプロセスを経るのかを、雪印乳業と日本ハムの複数ケーススタディにより分析した。倫理的不祥事を起した企業には、自由にものが言えない閉鎖的な企業風土(属人風土)が認められ、この風土の解消と、会社に想いを抱く従業員の存在が再生の必要条件であった。そして、属人風土の解消を目的にした再生マネジメントを考察した。