-

Basic information

Name Mochikawa Masao

-

納税モデルによる一般消費税の諸類型に関する研究

-

-

-

2017-07

-

 

-

広島経済大学創立五十周年記念論文集

-

下巻

-

255~291

-

本研究では、消費税について学問上の諸類型に基づいて、一般消費税として分類される3つの単段階税(①製造者売上税、②卸売売上税、③小売売上税)と2つの多段階税(④取引高税、⑤付加価値税)の特徴について、納税モデルを設定して理論的に考察し、それぞれの長所と短所を明らかにした。どのような類型の消費税を採用したとしても、あらゆる物品・サービスが消費税相当額だけ値上がりすることは避けられず、国民に選択の余地は残されていないことが分かった。消費税率を二桁に引き上げることは、個人の担税力を度外視した不公平性税制になることを指摘した。