-

Basic information

Name Nakashima Norio

-

所得税の累進性と消費税-税収中立下のライフサイクル一般均衡モデルによる政策シミュレーション-

-

-

-

1997-05

-

 

-

理論計量経済学会西部部会(現日本経済学会)

-

(於滋賀大学)

-

 

-

本発表では、ライフサイクル一般均衡モデルに労働効率の違いによる所得格差を導入し、課税最低限を有する累進勤労所得税と消費税がマクロ経済の長期均衡に与える影響について報告を行った。増税を行うシミュレーションでは、消費税は逆進的で総効用を低下させた。また、累進勤労所得税は低所得者の効用の低下を低く押さえ、総効用の低下を少なくした。特に、勤労所得税の課税最低限引上げでは、総効用の低下が最も低かった。