-

Basic information

Name Yamamoto Masaaki

-

スマートフォン市場におけるロックイン戦略の検証 ― AppleとSamsungの戦略ポジション ―

-

-

-

2015-12

-

 

-

広島経済大学経済研究論集

-

第38巻3号

-

 

-

本研究は、携帯電話市場においてNokia、Motorola、RIMの三社の失速が明らかになり始めた2009年にスタートした。 この焦点はAppleとSamsungの驚異的な成長ペースの解明にあった。 事業規模の拡大があまりにも高次で、かつ高速であったために、従来型のマーケット重視の事業戦略方法論との間に多くの矛盾を生じさせていた。 
この研究から、スマートフォン市場が急速に形成される過程において、AppleとSamsungの二社が競合他社とは明らかに異質の事業戦略を採択していたことが判明した。 同時に、Appleの成長戦略は、よりリニアにロックイン戦略のアプローチを応用していることも明らかになった。 本稿は、AppleとSamsungの過去の検証結果を踏まえて、両社の戦略ポジションの観点から将来的な課題について論じる。